クリスマスツリー おしゃれなのは北欧! > クリスマスツリーのおしゃれな飾り方を動画で紹介!クリスマスの本場、海外のデコレーション。まずは基本を!

クリスマスツリーのおしゃれな飾り方を動画で紹介!クリスマスの本場、海外のデコレーション。まずは基本を!

◆もっとおしゃれにステキなクリスマスツリーに飾り付けできないかしらと悩んでいませんか?

クリスマスツリーを飾り付けて、何かしっくりこないとか、平凡な感じとか、もっとおしゃれにしたいとか、個性的にしたいとか、密かに心の中で悩んでいませんか?

そのような時は、まずはきれいに飾る基礎を学ぶのが一番!それも、クリスマスの本場の海外の基礎がおすすめ。クリスマスに対する歴史が違います。クリスマスは1年の内でナンバーワンの心躍る行事ですから、老若男女、力の入れようが半端ではありません。

クリスマスツリーひとつとっても、飾り付けは本当にたくさんあります。オーナメントもさることながら、プロがこれでもかという位、千差万別のクリスマスツリーの飾り方があります。海外のセンスの勉強にもなりますね。

◆海外のクリスマスツリーの飾り方のYouTubeで基礎を学びましょう

店長の白と黒がYouTubeからみつけてきましたよ。「海外のクリスマスツリーの飾り方」基本編の動画を紹介します。言葉はスペイン語ですが、わからなくとも大丈夫!動画ですから。

ここで、ワンポイントアドバイス!

説明の部分はスペイン語なので、わからない場合は飛ばしましょう。又、ずっと見ている時間が無いという方も同じ。スライダーをドラッグしてコマを出し、好きな場所に移動すればちゃっちゃと見れます。このような感じです。

スライダーをドラッグしてコマ送りをしましょう

実際にツリーに何かを飾り付けている部分だけ動画を流して確認すればよいわけです。時間の節約になりますね。動画は全部で9分6秒あります。

◆ストーリー展開を先に教えちゃいます!

肝心要な部分を先に教えますね。そこだけ見れば全てがわかります!

スライダーをマウスで押し続けると、停止してコマが現れます。分と秒数が表示されます。その単位を書きます。

1)ツリーをきれいに開く部分(箱からツリーを出した後)0:47から
下から上に向かって、全体の形を整えながら、隙間ができないように開いています。
 

2)ツリーに最初に飾るのは「電飾」、ライトですね。その部分 1:40から
電飾は下から上に向かって、尚かつ、葉先から木の幹に向かって、奥に入れ、手前に出し、奥に入れの繰り返しです。

電飾を飾る時、奥に、手前にと配置します。
こうすることにより、奥から光が放ちますから、厚みのある重厚なツリーになり高級感を生みだすんですよ。

3)次は「ガーラント」「幅広のリボン」ですね。その部分 2:30から
このガーラントの使い方は、勉強になると思いますよ。割と日本人はオーナメントとモールは飾りますが、幅広にリボンを飾るツリーはあまり見かけません。
ここはワンランク上でハイセンスに仕上がるポイントになります。あちらでは「ポリメッシュ」というようです。

4)次は「幅広のリボン」の仕上げになります。大きなボールを3つ、あしらいます。その部分 5:01から
ここもワンランク上を狙いたい人には大ヒントになるかもです。これがあるのと無いのでは、雲泥の差があります。いっきにツリーが引き締まりますね。
クリップで3つのボールを集めて、飾ってます!さすが!と言いたくなりますね。

5)次は「大きな造花(ポインセチアのような)」を4-5ケ、差していきます。その部分 5:37から
この大きな造花をボンボンと差すと、これまた引き締まり、センスの良いツリーになってきました。

6)次はこの場合、お人形さんです。他の物でもよいし、無くても良いかと。その部分 6:10から
小さいお子さんが喜ぶような少し大きめの可愛いお人形さん、トナカイさんを飾っていきます。バランス良くですね。

7)最後にツリーのトップに飾るリボンを作り、飾ります。トップ用お人形と飾り羽根をつけます。その部分 6:38から
ツリートップには★のオーナメントを飾るのが一般的ですが、ここでは、幅広リボンを使いトップを作っています。
又、リボンは巻髪の用にして垂らしていますね。最後はお人形を2体トップへ。それと羽根の飾りも同時に飾っています。
てんこ盛りですね!

8)最後に仕上げです。ツリースカートを置いて、はい、できあがり! 8:22から

さすが、クリスマスの本場はツリーひとつ作るのも、要領がよく、センスもいいですね。

ぜひ、参考にしてみてください。これは、基本編です。

◆実際に動画を見てみましょう!

◆まとめ

いかがでしたか?飾りの順番は大事ですね。電飾、リボン、オーナメントの順。180cmのツリーでもオーナメントが大きいとそんなに大変ではないですね。

電飾とリボンだけでも十分にステキになりました。ポインセチアの造花もきれいでしたね。日本ではあまりみかけないです。やっぱり海外のセンスですね。

ツリートップも★をつけるんだと思い込んでいましたが、リボンでもいいんですね。これも海外風ですね。

これを見て、どうぞ、みなさんの眠っているセンスを呼び起こして、素敵なクリスマスツリーに仕上げてみてくださいね。

 

 

関連商品

  1. おしゃれなクリスマスツリーの飾り方 海外の動画の紹介 1分9秒

    ポリメッシュで飾るクリスマスツリーも海外でとても人気があります。日本ではあまりみかけません!ぜひ、挑戦を!

  2. クリスマスツリーの飾りを手作りする簡単でお安くできるレシピの記事、11例を紹介

    クリスマスツリーの飾りを手作りする簡単でお安くできるレシピ(写真付きの作り方)の記事、11例を紹介!ぜひ、挑戦してみて!

  3. ♪クリスマスツリーの電飾、ライトの電気料金(電気代)をチェック!

    クリスマスツリーの電飾、ライトの電気代がいくらかかるのか気になりませんか?店長の白と黒がチェックしました!

  4. ♪ホワイトツリーの飾り付け ハイセンスな13例を紹介

    ちょっと飾り付けをとまどいそうなホワイトツリーですが、超個性が発揮され、ハイセンスの証明になる!

  5. ♪ファイバーツリーとは? LEDファイバーツリーとは? 

    ファイバーって何かを知ると理解は簡単!どんな仕組みなのかも紹介します。クリスマスタイムのうんちくにどうぞ!